FX勉強ツール

MENU
スポンサードリンク

FXを取引するには資金はいくらあればいいの?

FXは少額の資金でも取引ができると言われていますが、実際に資金はいくらあればいいのでしょうか?

 

FXの取引で必要となる資金は、取引を行う業者によって違ってきます。業者毎に、通貨単位とレバレッジというものが決まっていて、これらの値によって取引に必要な資金が決まります。

 

日本のFX業者では、取引する通貨単位は1万通貨単位に設定されている場合が一般的です。この場合、1米ドル=100円とすると1万通貨の米ドルを買うには100万円の資金が必要となります。

 

ですが、FX取引にはレバレッジというものがあり、日本の業者では最大25倍で設定されています。レバレッジとは、証拠金を預けることによってその資金の何倍もの取引ができる仕組みです。例えば、レバレッジが25倍で設定されている場合、1米ドル=100円で1万通貨の米ドルを買うには4万円の資金で取引することができます。

 

ですから、この場合だと最低資金は4万円ということになりますが、最低資金分だけでは、通貨の値動きによってすぐに資金が底をついてしまう可能性があります。なので、安定した取引をするためには、その10倍以上の資金があると良いでしょう。

 

また、より少ない資金で取引をしたい場合には、海外のFX業者を利用するという方法があります。日本の業者の場合、法律によってレバレッジは25倍までと規制されていますが、海外の場合にはそうした規制がないため、レバレッジが最大で400倍という業者もあります。こうした海外の業者を利用することで、より少ない資金で取引をすることができます。

FXを始めるのに必要なもの

数ある投資の中でもFXはとても手軽に始められると言われています。では、FXを始めるにどのようなものが必要となってくるのでしょうか?

 

まず必要なものとして取引を行う環境が必要となります。一般的にはパソコンとインターネットを使って取引を行いますので、これらの環境が必要となります。パソコンは1台あれば十分な取引をすることができますが、複数台を活用している方もいらっしゃいます。FXの取引をする場合、パソコン上で色んなデータやチャートを見ながら取引をすることになるので、複数台あるとそれらを同時に見ることができるからです。

 

外出先でも取引をしたい場合には、モバイルの環境が必要となります。ノートパソコンや、最近のFX業者ではスマートフォンや携帯電話でも取引が可能となっているため、これらのモバイルの環境があると外でも取引ができるためとても便利です。

 

また、FXの取引をするには業者を利用して取引をすることになりますが、その際には銀行口座が必要となります。取引をする際に業者に預けた資金を出金する先の口座として必要となります。もし銀行口座をお持ちでない場合には、利用するFX業者と提携している銀行に口座を開設すると良いでしょう。これは業者によって違ってきますが、提携している銀行のネットバンクを利用すると、素早く入金が可能となるからです。なので、業者と提携している銀行の口座を開設し、ネットバンクを開設しておくととても便利です。

 

また、FX業者に預ける資金も必要となります。業者によっては最低いくらかの入金が必要となる業者があるため、取引が可能となる資金が必要となります。

FXの取引時間

FXの取引を行う外国為替市場は「眠らない市場」と呼ばれています。それは世界中に市場があるために、例えば、日本での市場が終了しても他のアメリカやヨーロッパ等の市場が開いているからです。ですから、取引時間は24時間ということになります。ただし、日本市場がそうであるように、外国為替市場は土曜日と日曜日はお休みになります。

 

ただ、1つ注意してほしいのが季節によってFXの取引時間が変わるということです。それは欧米諸国で採用されているサマータイム制度によるものです。サマータイム制度とは、太陽があたる時間が長い夏場の時期には、1時間働く時間を早めようという制度です。外国為替市場においてもこの制度は採用されているため、取引時間が違ってきます。

 

ニューヨークのサマータイム制度において、夏時間は3月第2日曜日〜11月第1日曜日となっているため、この時期は取引時間が1時間早まります。なので、夏時間の間は、取引時間は月曜日の午前7時から土曜日の午前6時まで、冬時間の間は、取引時間は月曜日の午前7時から土曜日の午前7時までということになります。

 

それともう1つ。FXの取引を行う業者によって取引時間が異なる場合があります。各FXの業者はシステムのメンテナンスを行う時間があるからです。メンテナンスは、基本的には取引終了後の土曜日に行われることが多いですが、毎日のメンテナンスとして、1日20程度のメンテナンスが入る業者があります。このメンテナンスが行われる間は取引を行うことができませんので、利用する業者のメンテナンス時間は事前にチェックしておくと良いでしょう。

更新履歴